1and0nly

薄給パン職OLのブログ

このままだと10年後には他社にのまれて終わりそうな弊社

うちの業界は大企業と中小企業の格差がこれでもかというぐらいくっきりと分かれる業界だが、客層は大企業にすべてを取られているというわけではなく、われわれ中小企業を贔屓してくれる客がいたり、大企業と取引をしながら中小企業とも取引をしてくれる客がいたりでまあ細々と食いつないではいけた業界だ。

だけどインターネットが全国を繋ぐような世の中になったおかげで、とてつもなく影響を受けている。都心にどっかりと本社を構える大企業と地方で細々と情報弱者(ここでいう情報はインターネットを介した情報に限定します)を相手にするだけの中小企業にそれほど距離の差がなくなった。

中小企業の弊社は情報弱者でだましだまし食いつないでこれたが、その情報弱者自体もかなり少なくなってきている。なぜならそれほど情報を重視していない人間ですら簡単に情報が手に入る時代だし、その情報弱者というのは大半が老人なので、長寿大国といえどもうちの業界は潤った稼ぎのない人間には厳しい業界なので、いつまでもあてにできない。若者はこない。そろそろ、早くて10年内には潰れるんちゃうかと思ってもしかたがないところまできている。

 

この、今すぐに潰れそうじゃなくて、近い将来潰れそうというところがなんか危機感をいまいち抱かせないところで、まあ、確かに?10年って言ったらわたしも結婚して旦那についていくとか、妊娠したとかで退職しているかもしれないんですけど(シテタライイネー)、自分が退職後に潰れたとかも胸糞悪くないですか?このままだと本当に潰れそうだと思っている。

大企業の波にのまれ、だけど何事もなかったかのように社会は回っていく。だってうちの業界は他でいくらでも代替えがきくような業界なので、潰れたらまあその後の処理とか、負債とか、まあ色々大変だろうとは思いますが、惜しまれることはあれど潰れて100パーセント困るというヒトはいないと思うんですよね。

 

弊社が業界で生き残っていくためにはどうしたらいいのかまでは分からないんだけれど、圧倒的に情報量が少ないのだけは分かる。井の中の蛙で、大海を見ずのうのうと暮らしている今のままでは本当にのまれて終わってしまう。

あとはなんかもうしょうもなく人件費だけかかってそうな他のビジネスをさっさと捨てて全員を本業に集中させて、あと本業にもっと増やせと思っている。だってその他ビジネスの中でうちの業界に参入してきて、そっち進めなきゃいけない社員がいるとかもう意味分かんないでしょ。自社の社員が自社の首シメてるのワロタwww状態ですよクソです。